膝痛・変形性膝関節症ついて-青森市の腰痛解消なら「信整館 野口整体院」

膝痛・変形性膝関節症ついて

変形性膝関節症・膝痛とはどういう症状なの?

膝痛

変形性膝関節症の初期症状は、膝のこわばり感、歩き始め、階段の上り下り、長時間の歩行、立ち仕事の後などに痛みがおこります。

炎症が強い場合は、みずが溜まり膝が腫れて膝を曲げると強い痛みを生じる事があります。

変形が進行するにつれて動きが制限されて、正座ができなくなったり、膝をしっかりと伸ばす事が困難になってきます。

こうなると歩くのに支障がでたりと日常生活において制限が出てくることになります。

なぜ変形性膝節症になるの?なりやすいタイプは?

加齢に伴うものと、骨折や脱臼、靱帯損傷や半月板損傷によるものなど原因は様々です。

特に前者の加齢の場合は、特に原因となるものが特定しづらいのですが、一般的には筋力の低下によるものと言われています。

特になりやすいタイプは女性や肥満の人、日常的に運動不足の人が変形性膝関節症になりやすいようです。

また年齢が上がる度に発症が多くなっています。

膝に痛みが出たらどうしたら良いのか?

まずは、絶対に痛みを確認するような動作をしない事、痛みの出やすい姿勢をしない事です。

長時間歩く、膝を折る、脚を組む、横座りをする、といった感じです。

整体から見た膝痛とは?

膝痛の人に多いのが、大腿部(ふともも)と下腿部(膝から下)の捻じれによるものが殆どです。

特に膝が悪い女性に共通しているのが、横座りをする癖があるので膝が辛い時は、長座か椅子の生活をするようにしていきましょう。

また痛みが少ない時は、椅子に座った状態で脚を前にまっすぐ伸ばすように太ももの筋肉を鍛えるトレーニングをしていきましょう。

膝痛予防、膝痛改善のための運動

方法は

  1. 椅子に深く座る。
  2. 痛い方の足を5秒程度かけてまっすぐにするようにする
  3. 5秒かけてゆっくり降ろす

というのを1回とし、10回程度毎日するようにしていきましょう。

お問い合わせについて

◆痛みに悩んでいる方はいますぐお電話 → 0120-027-665

↑ PAGE TOP

トップに戻る