かかとの痛みについて-青森市の腰痛解消なら「信整館 野口整体院」

かかと痛について

かかと痛の色々な種類

かかと痛は、黙っているとなんでもないのですが踵をついた時にズキッという強い痛みが走ります。

痛む部位は、踵の真ん中、外側、内側と多種にわたり、強くなると歩くのが億劫になるほどの痛みを伴います。

かかと痛の痛みの段階

1.寝起きの最初だけが痛い

はじめは寝起きに『あれ?かかとが痛い?』という状態からスタートする事が多いです。

数歩すると痛みは消失し、1日痛い事はありません。

2.椅子に座ったり脚がついていない状態がしばらくあると歩くと痛い

今までは寝起きだけの痛みだったのが、デスクワークをした後に立つとその1~2歩目だけが痛みます。

寝起きも痛く、座ったあとも痛いためちょっと気になり始めるころです。

3.押して痛い

それまでは『痛いところどこだろう?』と押してみてもわからなかったものが、押して痛いところが明確になります。

明確になると気になり、ついつい何度も痛みを確認するように押してしまいがちですが、あまり強く押すと回復が遅くなるのであまり触らないようにしましょう。

4.歩いている最中は何をしても痛い。

通常の生活やデスクワーク程度であれば、このレベルまで痛みが強くなる事は少ないです。

ランニングや長時間歩く仕事といった、常に足裏に負担がかかる状態を長く続けていると徐々に進行していくケースがあります。

このあたりになると、寝起きの痛みは更に強くなり足を引きずるぐらい痛みが増してきます

5.だまっていてもジンジンする

休んでいる時でもかかとがジンジンし、24時間痛い状態が続きます。
ここまで痛くなるケースは少ないですが、対策を取らずに痛いのを我慢しすぎて負担をかけているとなる事があります。

意外としつこく残るかかと痛

立ち仕事など、常に足裏に負担がかかっている状態だと対策を打たずに自然と治るケースは少ないようです。

また仕事を変えたり、運動をやめたりした後でも数カ月~数年痛みが残る事があり非常にしつこい症状でもあります。

かかと痛がでる原因とは?

  • 常に踵体重である
  • 靴底が薄く固い
  • 固い場所で歩く、走る

というように、かかとにかかる負担が大き事が原因です。

またアキレス腱やふくはぎを触ってみて痛みがある場合は、その部分が固い事でかかとに負担がかかっている事もあるので

かかと痛予防にはどうしたらよいか?

靴のインソールを変えたり、歩き方、立ち方を変えたりする事が必要です。

ランナーであれば、練習量を減らすという事も必要になってきます。

整体におけるかかと痛へのアプローチは?

整体から見たかかとの痛みの原因は

  • かかとの位置が内側、または外側をむいている。
  • かかと重心になっている
  • 過去の足首のねん挫などで腓骨(外くるぶしのところ)が下がっている。
  • アキレス腱・ふくらはぎの固さ
  • かかと自体の問題

というように様々な観点から
『現在痛いところ』と『痛みが出るようになった原因』の2方向から調整をかけていきます。

整体では格段に良くなるのが早い症状の一つですので、早めの対処をおすすめしています。

お問い合わせについて

◆痛みに悩んでいる方はいますぐお電話 → 0120-027-665

↑ PAGE TOP

トップに戻る